スキ♥カモ×富加 酒蔵でお酒を

「酒造りには千の行程がある」とご主人。博物館を兼ねた松井屋酒造場にある道具は、実に約3,600点が文化財なのだそうです。今も、その道具を使い、昔の製法を守って造られる幻のお酒を一献どうぞ。


現存最古の戸籍 半布里戸籍(レプリカ)

702年の戸籍は、東大寺の写経所で二次利用され、奈良の正倉院に保管されるという偶然をたどり1300年後の今に残りました。これ、すごいことなんです。

夕田茶臼山古墳

日本史で必ず勉強する前方後円墳。鍵穴のような形をした古墳の代表格は、仁徳天皇陵ですが、それに遡ること2百有余年、この地にも有力な豪族がいたようです。

白華山清水寺

京都の清水寺と同じく、坂上田村麻呂の開基、円鎮大師の開山と伝わるこの寺。境内に佇むと四方から水の音がシンフォニーのように響いて来る、まさに清水の寺。


梨割山・加治田城趾遊歩道

信長の美濃攻めの舞台となったこの城。遊歩道を辿っていけば、石積みの残る城趾へ。見晴らしの良い岩は、かつての狼煙台。上がると尾張国まで見渡せました。

古代米(黒米)

富加で古代と言えば、戸籍、古墳、古代米。古代米は、古代に栽培されていた野生稲の特徴を受け継いでいる米です。古代のお米は黒かったんですね。

夢窓国師の庭 東香寺

老梅山東香寺は、禅宗の高僧で優れた作庭家として知られる夢窓国師の開山と伝えられます。自然を借景に、禅の世界を表した庭は鎌倉時代のアートです。


長良川鉄道越美南線 富加駅の木造駅舎



歴史と田園風景 富加町

町の花:さつき

富加町HP:http://www.town.tomika.gifu.jp/

お問合せ:富加町 産業観光課

tel 0574-54-2113